お知らせ

お芋掘り

  島田さんの畑のお芋が大きく育ち、いよいよお芋堀り当日。

1歳の子どもたちもよーく話を聞き、自分で掘ったお芋を入れるんだ!と袋を握りしめ全員で畑へ出発。

「よろしくお願いしまーす!」

畑の土を踏みしめながら大きい子どもたちは芋ツルを頼りに畑の中を歩いていきました。

小さい子どもたちは、畑の土の感触を感じながらゆっくりとお兄ちゃんお姉ちゃんの背中を追いかけて歩いていきます。

ツルを目印に土をかきわけ、紫色のお芋が顔を出すと「あったー!!」と1番にお芋を見つけたさすがは大きいお兄ちゃん。

「つながってるー!」ツルとツルがつながってお芋ができていることを発見しました。

「ひっぱったら赤ちゃん芋がでてきたー」周りの子どもたちも夢中で土を掘り、

次々とお芋を見つけ土の中からお芋を掘り上げた顔はとてもいきいきとしていました。

  

自然と「手伝って~!」と力を合わせたり、

「一緒に掘ってあげるよ。」と小さい子どもたちに声をかける大きい子どもたち。

「よく掘ったね~。」と島田さんに言っていただくと、満足そうにお芋を見せていました。

大人も子どもも夢中になって一緒にお芋堀りを楽しみました。

島田さんご夫婦にお礼を伝え、袋いっぱいのお芋を自分で持ち帰り、みんなで味わいました。

土に触れ大地を感じ食べ物や自然に感謝する。

顔も手も真っ黒になった子どもたちの姿からはたくましい生きる力を感じます。

 このような経験をさせていただきました島田さんご夫婦に感謝します。