大切にしていること

保育方針

保護者の皆さまへ

子ども達がお父さん、お母さんから離れて初めて過ごす場所が保育所です。
一人ひとりの子ども達の人格形成の基盤となる【思考力・情緒の豊かさ・責任・判断力・決断力】が養われる大切な時期だからこそ、私たちは子ども達の生活を養う環境づくりをしております。

どんぐりのように小さな実(子供たち)が大きな木(おとな)から落ちてまた大きな木になる(成長)。そんな想いをこめてどんぐりの家保育所という名前にしました。 子ども達が成長する過程のなかでの変化を、お父さん、お母さんたちと考えたり喜び合いながら子ども達の成長を見守って行きたいと思います。 

どんぐりの家保育所 園長 猪尾 美智子

保育方針

人を想う心を養い、自分で考え、選択し、決める

  自己判断

donguri1  自己決定

donguri1  自己責任

あたたかい、家庭的なみんなで過ごせるお家の中で、豊かな思考や感性を養う。
また、一人ひとりの子どもたちが将来に必要とする責任感、判断力、決断力をもって自立に向けて成長できる環境づくりをする。

保育理念

自分で道を切り開き、力強く、自信を持って生きていく 一人の人間として、様々な事を選択していく。あらゆる事を自分で考えながら生活を送る。
様々な人と出会う 担任制、クラス制ではなく、様々な人(保育者・友達)と一緒に生活を送ることで心と考え方が豊かに育つ。
異年齢保育 0歳~6歳の子どもたちと生活することで、自分よりも小さい子へのいたわる心が育ったり、自分よりも大きい子へ憧れる気持ちや、“真似したい“という意欲を引き出す。
生きていく上での基盤づくり 0歳~6歳の間の6年間は、生きていく上での基盤ができると考えている。この6年間で、様々な欲求を満たし、様々な経験をして、豊かな感性を養う。
一人の人間として いくら小さくとも、一人の人間として生きていく。 保護者も子どもたちを“子ども“としてではなく、一人の人間として認め、尊重しながら、子どもたちと共に生活を送る。
生活をデザインする 生きていく上で心地良い空間・環境をデザインしながら、それぞれが様々なことを感じながら生活を送る。
バイキング方式(食事) ”自分で選ぶ”ということを尊重し、バイキング方式にする。 あらゆる食材の栄養を知り、楽しく食事を摂る。
感謝する 家族、自然、食べ物、自分の周りの環境に感謝することができる。
助け合って生きていく 生活する中で、様々な人がいることを学び合い、認め合うことで、育ち合う。
生活の中に様々な学びがある 「健康」、「人間関係」、「環境」、「言語」、「表現」を生活する中で自然に学ぶ。
保育者の個性を豊かに活かせることを重んじる 保育者の個性が豊かなほど、子どもたちにとって、良い環境になり、その育ちが多様に広がっていくことを考える。
空気・水・大地に生かされている 空気清浄機を1階に5台、2階に1台設置。 水は化学物質を99.9%カットした浄水を使用。 大地で育った新鮮な野菜をいただき、自然に感謝する。

お昼ごはん

お昼ごはんは、バイキング方式

どんぐりの子ども達は毎日バイキング形式のお昼ごはんです。 もちろんご飯が食べられるようになった1歳児たちもバイキングです。 座る場所も含め、すべて自分で選んで自分でよそいます。
食べるということは活力の源(生きる)であり心を豊かにしてくれることです。

もともとは月に一度のスペシャルランチでバイキングをおこなっていました。
“食べられないものは、無理に食べさせなくて良い”という考えのもと様々なスタッフが子ども達の食事を見守ってきました。そんな中”食べなければいけない”と一生懸命食べる子がいました。

子ども達も人間です。体調や情緒面においてもその日によって一人ひとり様々なケースがあるにもかかわらず、全員が出された食事を最後まで食べきらなければならないことに疑問を持ちました。そこで子ども達がバイキングの時に沢山たべていることに気がつき、スタッフ全員で話し合い、今のバイキング形式になりました。

子ども達の心の変化にこのお昼ごはんの時間に気がつくことが多々あります。 昨日まではバランスよく全部のおかずをよそっていた子が急に偏ってよそったり、 座る場所を端っこに選んだり。。。

どんぐりの家保育所は食べるということをとても大切に考えています。
“おなかが空いた”、”食べたい”この身体の欲求が、脳に届き”食べる”と発信されます。しかし、”食べなさい”、”食べなければいけない”と他者から要求されると、身体は食べることを要求していても、その要求が何らかの違う形で脳に届き、”食べたくない”と発信されてしまうのです。

今現在、多くの子ども達は大人から”食べなさい” ”嫌いなものでも食べなさい”と要求されて食べる子が多いのです。”おなかが空いた” ”おいしい” と思って食べるのではないので、身体は喜ぶはずがありません。 子ども達はこのような大人の概念を頭から外す事で “食べたい” ”食べてみよう” が”おなかが空いた” ”食べてみよう” “おいしい” が発信されるのです。 また、心に病があると”食べたい” が発信されなくなります。

私達大人は、心身共に子ども達が発達する為に、”おなかが空いた” “食べたい” ”食べてみよう”を引き出すような環境作りが大切です。